skip to Main Content
exhibition02
exhibition03

個展への思いexhibition

蜘蛛の糸が絡み合い、
響き合うように、
人形たちが生まれました。

永年作り続けた「江戸の粋」に生きた人形たちに、
私の夢であった幻想的な人形たちが加わりました。

そして、ようやく、
この花舞台の幕が開きました。

人形たちは、
精一杯に、思い思いに、
演じ、語りかけます。

花の妖精
水の妖精
蝶の妖精

新たな息吹をもたらしてくれました。

「夢の木に花が咲いた」

そんな心境です。

この人形たちの語らいを、
通り過ぎることなく、
ひとつひとつ立ち止まって、
聞いていただけましたら幸いです。

最後に、
庶民の生活から生まれた
江戸の粋の文化の人形たちの着ている衣装は、
100年~150年はとうに過ぎている
古布で作っています。

ちりめん友禅など、
神秘なまでに華やいだ色彩、
手のひらに乗せた感触のやさしさ、
色柄のバランスの美しさは、
今日ですら決して見劣りすることなく、
むしろ新鮮に見え、
不思議な旅をして、
私のもとに嫁いできました。

これまでの人形制作は、
ひとつひとつがこの
古布との出会いでもありました。

この小さな奇跡の上に
連綿と成り立つ人形の世界を、
是非ご高覧ください。

小池 緋扇

ex-img01
ex-img02
ex-img03
ex-img04
ex-img05
ex-img06
ex-img07
ex-img01
ex-img02
ex-img03
ex-img04
ex-img05
ex-img07

top-profile

人形アーティスト

昭和2年10月20日生まれ。財団法人 人形美術協会 常任理事・本部主任教授・人形美術展審査員。文化庁国民文化祭出店の人形指導・企画、人形師範育成・文化交流に活躍中。

10歳の頃に初めて日本人形を作り、その後、幼稚園教諭を経て人形作家となる。その細やかな作品惹かれる著名人ファンも多く、また人形に着付ける着物の柄や色合わせを勉強しに訪れる着付け師も少なくない。東京人形学院(現 財団法人 人形美術協会)にて、50年以上に渡り、人形師範の育成にも携わる。

開催概要Summary

utatane
展覧会タイトル 小池 緋扇の人形ワンダーランド
~人形一筋、90年。人形制作の魔術師がつくる
五日間限りの「人形たちの夢の国」が横浜に舞い降りる~
日程 10月5日(木)〜10月9日(月・祝)
10時 〜 19時
開催場所 横浜市技能文化会館
〒231-8575横浜市中区万代町2丁目4番地7
JR根岸線[関内駅]南口から徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町駅」2番出口から徒歩3分アクセス詳細はこちら»
入場料 無料
Back To Top